レーシック手術

レーシック手術は、角膜をエキシマレーザーにより薄く削り、目に入る光の屈折率を変えることで視力を回復させる手術です。眼鏡などで矯正しにくい強度近視にも有効で、矯正器具を用いることで外見上や視界に不具合が生じることがないのが最大の魅力です。このように、レーシックは画期的な手術ですが、現在のところ健康保険は適用されていません。そのため、手術費用は全額自己負担になります。日本で始められた当初に比べ、近年は10万円を下回る料金から行えるところもあり、ずいぶん手軽になってきましたが、それでも大きな出費です。

日本では各自治体により、一年間にかかった医療費が一世帯あたり10万円を超えた場合に、医療費控除が認められています。眼科においても内容が医学的な治療であれば認められます。一般的な近視矯正などの目的による眼鏡やコンタクトレンズについては認められていませんが、レーシック手術においては認められる可能性が高くなります。レーシック手術は、目の機能を医学的に回復させる医療行為にあたるため、強度近視など医療行為としての有効性が高いと判断されると医療費控除が認められやすくなります。レーシック手術を行う際には、術後の炎症を抑える内服薬や、ドライアイを防ぐための目薬なども処方されますが、これらも全て対象になります。医療費控除を行うことで、住民税などの税金も軽減できますので、レーシック手術を行う場合は負担軽減に役立ちます。