近年では一般にも認知

レーシックの手術は、近年では一般にも認知されてきましたが、残念ながら自由診療ですので、健康保険の適用はなされず、その費用は全額自己負担となっています。しかし、それでは時に数十万円もする手術費用になってしまいますので、レーシックは家計を圧迫する源となってしまいます。しかし、近年の医療保険の中には、レーシック手術を受けた場合でも、給付金を受け取ることができるものもあるのです。そのため、もし医療保険に加入しているのならば、給付金を受け取ることができるかもしれませんので、実際にレーシックの手術を受ける前に保険会社に確認を取っておいた方が良いでしょう。

そのことが、レーシックの手術を受けるかどうかの判断の最終的な判断材料になることもあるのです。 但しここで注意をして置かなければならないことがあります。それは、医療保険に実際に加入する前にレーシックの手術を受けてしまった人については、いくら保険に加入した時期と手術を受けた時期とが近くても、給付金を受け取ることはできません。また、たとえ医療保険に加入をした後でレーシックの手術を受けたとしても、保険に加入する前に手術を受けることが決定していた人に対しても、給付金の支給は無いのです。この場合は逆に、保険に加入した際にレーシックの手術を受けることについての告知が無かったことになり、告知義務違反となって、保険の加入自体が取り消される恐れもあるのです。これは、レーシックによって給付金を貰うことだけを目的に保険に入ることを防止するための処置なのです。