近年盛んに行われている

レーシックというのは近年盛んに行われている眼鏡、コンタクトレンズに続く第三の視力矯正方法です。レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種で、眼球の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して角膜の屈折率を変えることで視力を矯正しようとするものです。 レーシックというのはアルファベットではLASIKと書きます。これはLaser assisted in Situ Keratomileusisの略です。この言葉の意味は「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」です。この意味を知るとレーシックが少し怖い手術のように思う人もいるのですが、ここしばらくの間に様々な種類のレーシック手術が進歩してきました。安全性も格段に高まり、手術の失敗による合併症糖に悩まされる事例も減ってきています。

レーシックという言葉の意味である角膜を彫るという言葉を聞いても不安を感じることがなくなる日もそう遠くは無いことでしょう。 近視を矯正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用して矯正するのが一般的です。その方が安全性も高く、安価に対応が出来るからです。近視は一般的に病気としては認知されていません。そのため健康保険が適用されないというのが現在の近視の状況です。レーシックという言葉は意味もわからずに使用されていると言うのが一般的です。本来の角膜を削ると言うことではなく、眼鏡やコンタクトレンズが不要になる夢の治療としてのイメージとして使われているのが現状かもしれません。